LESBIAN CINEMA PARADISE

カリフォルニアからレズビアンの映画情報を中心にお届けします。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ人気ブログランキングへ ←押すところ。2コ。ぷりーず。

日本食レストランボイコット(その3)


Category: SAME-SEX MARRIAGE   Tags: ---
続きですが、後からこのLCPに彷徨ってきた人が、その1、その2を読む前にnatの取った行動がわかってしまうとおもしろくないだろうと思うので、Continue のページから内容をスタートします。


ちなみに、さっきランキングを見たら、「日本食レストランボイコッ...」「日本食レストランボイコッ...」ってなってて笑えました。ボイコッって何やねん(笑)
これをアップしたら、「ボイコッ...」が3つ続くのでしょうか?


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ人気ブログランキングへ ←押すところ。2コ。ぷりーず。

出版社の編集長に宛てた抗議文、最初はメールで送ったんです。
でも、数日経っても返事なし。
なので、今度は同じ抗議文をファックスで送りつけました。

これで返事がなかったら、作戦3(Equality Californiaを巻き込む)に出るつもりでした。でも、そうするにはあの広告文を英語に訳さないといけないのでちょっと面倒だな、と思いつつ。
んでもって、それでもダメならあの広告文に出てくる判事たちに広告文を英訳付きで送りつけてやろう、と。

怒らせた相手が悪かったな、編集長さん&店主さんよお。ふっふっふっ

すると、ファックスを送って間もなくして編集長さんからメールで返事が返って来ました。そのメールの一部です。

ゲイ差別や女性差別など差別のない社会の実現を目指し、
地域社会を啓蒙するべき地域日系メディアである弊誌が、
クライアントとはいえ、差別につながるような広告文面を掲載してしまったことには、
反省の至りでございます。



正直言うと、言論の自由だの何だのを持ち出して言い訳してくるかと思ってたんですが、ココまで素直に謝ってこられるとは。

今後とも差別のない社会、開かれた社会を構築するため、
メディアの一員として差別につながる表現や不快に感じる表現を慎むよう厳し く判断すると共に、
地域の皆様のお役に立てる雑誌作りを目指し一層努力していく所存でございますので、
なにとぞよろしくお願いいたします。



こういわれるとnatとしても刀を鞘に納めるしかありません。
一応あの時はこれで納得したんですが、今思うとメールでの謝罪だけでは不十分だともっと強く出るべきでした。
その後、フリーペーパーに謝罪文が載ることもなく、某レストランの広告の形態が変えられて普通の広告みたいになることもなく、相変わらず店主は言いたい放題。まあ、その後はお天気の話とかお店のこととか差し障りのない内容ですが。
いずれにしても、あの広告が掲載された時点で The damage has been done.(ダメージはもう加えられてしまった)なので、取り返しなんてつきません。おかげでProp8も通されてしまったし


なので、せめて、今後はもう二度とあの日本食レストランには行くまい、と固く心に誓ったのでありました。
この街に、日本食レストランがあのお店一軒だけになったとしても、絶対に行きません

でも、実はnatはそのレストランは今まで一度しか行ったことがないので、行かなくなってもお店にはじぇんじぇんダメージにはなってないものと思われます。しょぼ~ん。

そして、このフリーペーパーも二度と手にとるまい、と誓ったんですが、無理っ
だって、貴重な情報源なんだもん。日本語の紙面観たいし。
いや、ちゃんと毎回このフリーペーパーを見て監視を続けなければっ(←言い訳)


そんなわけでヘタレなnatの「ひとりボイコット」のお話でした

あ、このシリーズまだ終わりません。あと一回。広告内容の誤解や偏見などを一つ一つ解き明かしてみよう思います。

FC2ブログランキングへ←ひとりボイコットしたことある?
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アメリカ生活    ジャンル : 海外情報


管理人の承認後に表示されます

Comments

natさん、お疲れ様でした!よくがんばりました!!
“その日本食レストランへいって、高いメニューをいっぱい注文して、手を付けずに札束床に叩き付ける”ミッションが実行できたなら、スッキリされたことでしょうね!

編集長さんのお詫びの文章からは、読者の意見にきちんと耳を傾けて素直に受け入れる誠実な姿勢が感じられましたが、その後の対応が残念ですよね…。せめて謝罪文を掲載するくらいのことは、お詫びの文章を書いた方ならしてくれそうなことなのに…。ちょっとがっかり…かな。

コラムみたいな文章は、ある意味読み手の関心を引くために、誇張したり敢えて皮肉な感じでかいてみたりということが、もしかしたらあるのかもしれませんが、品格は失ってほしくありませんね。レストランの店長さんの文章は、それに欠けていると思います。同じ内容を伝えるにも、もっと他の伝え方があるでしょう。もっと違う言い方や喩えがあるでしょう。

それにしても、ピーだったら…。気が小さい軟弱者だから…『ちょっと!聞いて!!』的に、友達に報告し、『あったまくるよねー!』と、飲み食いして…うさばらし?
いかんいかん…。もっと行動力を鍛えなければ!(←あるおばちゃんのひそかな決意?)
 
 う~ん、どうかな。
 編集長さん、最初のメールは無視したのでしょ?
 こっちに住んでいると感じるのですが、そういう場合って
『慇懃無礼』
 つまり謝っているフリはしてその場は上手くまとめているけど、その後の反省は全然していない……って人が多いんですよ。
 そも『反省』って言葉がこの国にはないのかもしれないと感じているのだけど。

 では私だったらどうするか?……考えてみたのですが、今いちばんパッと思いついたのは、その広告文+抗議文を、『日本大使館+在日アメリカ大使館に送る』。
 プラス、送った故をフリーペーパーに連絡しておく。
 『大使館の威光』ってけっこう凄いですよ~、在外の間では……というか、在外で、日本に関わる事をやっている人ほど、というか……。
 「(このままではラチがあかないので)では、大使館に連絡します」
 って言っただけで、相手の態度が540°変わったりしますから。
 もちろん、問題のレベルやこちら側の姿勢も大切ですけどね。

 日本食レストランですね~、私(と友達関係)は地方に住んでいるし、だからって事もあるんでしょうがみんな結構マメに作るし、外食がマズイこの国では……もちろん、ある程度以上の値段を出せば美味しいものも幾らでもあるんですが……特に日本食にレベルに対してはシビアな人が多いから、逆にB級グルメ的な所以外は、
 「わざわざガッカリし入るようなもん」
 って感じなんですよね。
 
>ピーさん
natは、言い方の問題ではないと思います。
ミッションが実行できても、この店主の考え方はきっと変わらないんです。
そして、こういう考え方をしている日本人は他にも山ほどいるし。
natもヘタレなので、他に誰かが動いてくれるだろうと思ったらきっと動かなかったです。でも、今回の件に関しては、アタシが言わねば誰が言う!?(←キャシャーンが・・・)的な切羽詰まったところから来る行動でしたv-356

>リオさん
大使館は考えてもみませんでしたが、おそらくこういう問題には関与してこないでしょうねえ。関与したということ自体が問題になりそうだし。
カリフォルニアの日本食レストランはフツーにご飯食べるのであれば充分美味しいです。
 
そうかぁ…言い方の問題ではなく、心からその言葉通りのことを思っているということなのですね…。
こういう考え方をする日本人も山ほどいる…。確かにしばらく前の、石原都知事の発言も然りですね。
自分の周りにもたくさんいるのだろうか…?
 
なるほど・・・そうですよね。
(形だけでも)素直に謝られると刀を納めてしまう・・・私もそういう場面になったらそうかもしれないです。そして後から考えるともうちょっと戦えたかも・・って考えるところもなんか自分をこの状況においてもリアルに想像できます。徹底的に戦うのがいいのかどうかと立ち止まってしまう。

こういう理不尽な不意打ち(今回の記事のような)に会うときって経験がないとどうかえしていいかわからないときってありますよね。私は日本を出て初めてアジア人差別されたときに、日本で差別されたことなんかないからどう怒っていいかがわかりませんでした。言い返すすべを準備できてなかったというか・・・

あと、一緒に考えてくれる相手がいるというのは心強いですよね。気持ちを整理しやすいし。なんだかとても考えさせられました。
 
>ピーさん
そういえば、石原さんの問題発言の時も、その記事をどっか(アメリカかイギリスか忘れたv-356)のメディアに送ったんだけど、相手にされませんでした・・・

>twogirlsさん
こういう戦いって時間もエネルギーも必要だし、一生に一度のことならトコトンやってやるんですが、時間もエネルギーもない上に、ホモフォビアに対する戦いだけじゃなくて、性差別やら人種差別やらとの戦いも日常茶飯事な生活をしているので、正直ヘトヘトです。
しかも、差別を受けたときというのは、その瞬時に(上手く)対応できればできるほど相手には効果があるんだけど、咄嗟には差別されたことすら気がつかないことが多くて、後で歯がゆい思いをすることが多いです。
しかし、日本で差別されたことない、ですか?
natは性差別を受けたことが数えきれないほどあります・・・
 
そうですね、性差別ならあるかも・・・日本でも。もちろん、非日本人差別も。

ただ私は、アジア人差別のこと考えてました。
見た目だけでは、私のことをレズビアンだと思う人はほとんどいないと思うんです。パートナーと一緒にあるいてなければ笑
だから、あからさまにアジア人であることのほうが、「あ、差別されてるな」って思うことがよくあったので。

度合いはひどくないとしても、される側の気持ちをこっちにすんで思い知ったかんじです。人種差別に関しては。

 
natもアメリカに長年住んでやっと、白人至上主義の社会での人種差別が見えるようになりました。最初はそれでも自分が差別されているのに、あまりに呑気でそれに気がつかないことが多かったですがv-356 何かの書類にマジョリティーかマイノリティーかの箱にチェックしなくちゃならなくて、その時初めてああ自分はこの国ではマイノリティーなんだ!って実感したのを覚えています。でも、差別される側になってその痛みを知ると同時に、日本でいかに自分がマジョリティーとしてそういう痛みに無知だっただけじゃなく、時には痛みを加える側に(知らず知らずに)加担していたかに気がつきました。
 

Leave a Comment



03 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

12

01


 
プロフィール

nat

Author:nat
アメリカ在住延べ17年のレズビアン。New YorkからTexasを経てCaliforniaに辿り着きました。世間ではカタイと思われる仕事をしてますが、自由度の高いところが気に入っています。花も恥らう四十路真っ只中。無口なくせにボケ&ツッコミを忘れない根っからの大阪人です。

*写真は実物と似ても似つかないことがありますので、ご注意ください。

natへのメールはこちらからどうぞ。

 
押すところ
一日一回押すとnatの後ろの人が喜びます。

    FC2ブログランキングへ

    人気ブログランキングへ

    にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

 
QRコード
QR
 
全記事(数)表示
    全タイトルを表示
 
 
カテゴリー
 
最近のコメント
 
 
がんばるところ
natに英検1級は無理そうです・・・
 
ブログ内検索
 
 
リンク


    Noh8-campaign-logo2

 
ミュージックなう
natが今聴いてる音楽たち。
うまく動作しない時は、ブラウザーをリフレッシュしてみてください。
 
呟くところ
どん底でこっそり呟きたい人用。
Twitterではありません。
 
カウンター
 

Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。