LESBIAN CINEMA PARADISE

カリフォルニアからレズビアンの映画情報を中心にお届けします。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ人気ブログランキングへ ←押すところ。2コ。ぷりーず。

Serving in Silence 気になる台詞 その2


Category: MOVIES-Serving in Silence   Tags: ---
「アーミーエンジェル」(邦題)の気になる台詞第二弾です。これは「アーミーエンジェル」のレビューの中に貼り付けたYouTubeのビデオの中に出てくるので、興味のある方はそっちに戻って観てください。

まずは、自分がレズビアンだと言うことを公にした主人公グレタの除隊を決める陸軍裁判所で、グレタの陸軍弁護士が最終弁論の中で言う台詞。


この裁判はわが国の最も古い、そして最も慈しまれている伝統の一つを取り扱うものです。その伝統を守るためには、我々は進んで戦争をし、我が軍の隊員たちを戦わせ死なせることも厭いません。それは、個人の自由という生まれながらの権利と伝統なのです。「(国家への)忠誠への誓い」は「『全ての人』への自由と権利」という言葉で終わります。「同性愛者を除く」とは言っておりません!

This case before you involved one of our country's oldest and most cherished traditions. A tradition we are willing to go war for, to let our members of our own services to fight and die for. And that's a tradition and heritage of personal freedom. The Pledge of Allegiance ends with "Liberty and justice for all." It doesn't say, "Except for homosexuals."



そして、この最終弁論の後に、グレタが裁判官たちに言うこの台詞。


この世界中のどこであっても、変化を起こすには、皆が違いに気がつき違ってもいいんだとわかるように、誰かが前に進み出て自分を皆の前にさらすやり方しかありません。だから私は敢えてこの場にいることを選択します。

Throughout the world, the only way change can be made is by someone stepping forth and exposing themselves so that people become aware that there are differences and that that's ok. So I choose to be here...


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ人気ブログランキングへ ←押すところ。2コ。ぷりーず。

この映画は実話に基づいたモノですが、これらの登場人物の台詞が実際の陸軍裁判での台詞だったのかどうかまでは調べてないのでわかりません。でも、どちらの台詞もグッとくるものがあります。名言です。

Pledge of Allegiance ってこの映画を観るまで何て言ってるのか知らなかったんですが(だってみんなコレを唱える時はすんごい早口なんだもん)、アメリカ合衆国国民は皆この宣誓文を子どもの頃から何十回も何百回も唱えて来てるハズなのに、この国にはどうしてこんなに Except for homosexuals(同性愛者を除く)という注意書きが“あぶり出し”で書かれたことがこんなに多いんでしょうか ちょっと前まで Except for Blacks(黒人を除く)が、そのちょっと前までは Except for Women(女を除く)があっちこっちに(これらはあぶり出しでなくて堂々と)書かれてたし。

そしてグレタさん。アナタはほんとにヒーローです。そういえば、映画の中でダイアンが「私はヒーローに恋しちゃったわ」という台詞があるんですが、正にその通り。
あ、ちなみに、ヒーローは英語で書くと Hero となって He(彼)が入っているので、英雄は男ばかりじゃねぇっという意味を込めて敢えて Shero シーローと言う人もいるアメリカです。あら、英雄も雄が入ってるぢゃん。なら、英雌を広めましょう
あ、話が逸れた

ひとりで前に進み出て「私は違うのよ」って言うことがどんなに勇気と覚悟のいる行為か。グレタさんにとっては、25年自分の命をかけて務めてきた軍や、臨床看護師の仕事や、息子たちや、父親など、全てを無くす覚悟の上での決意でした。今の社会で、差別の対象となっているマイノリティーの同性愛者であるとカムアウトするということはそういうことだったりするんです。natもアメリカに来て何度かそれまがいのこと、グレタさんとは比べ物にならないちっぽけななことで一歩前に出たことあるんですが、思い出しただけでもその時の震えが蘇ってきます。武者震いじゃなくて、恐怖から来る震えです。大切な何かを失うかもしれないという恐怖。
社会で何かが変わる時っていうのは、必ずその先には違う自分をさらした勇気ある人がいるんです。今アメリカや世界で起きている同性婚の動きだって、「同性愛者だからって結婚できないのはおかしい」と一歩前に出た人がいるんです。誰も何も言わなかったら何も変わらない。

ここで、自分がその一歩前に出る人になるか、誰かが一歩前に出て変えてくれるのを待つか、個人の事情はイロイロなので他人のことをアレコレ言うつもりはありませんが、natはできるだけ一歩前に出る人でありたいです(希望)。でも、英雌にはなれないので、前に出たものの押し返されて挫けることの方が多いんですが (←ヘタレnat)
それに、この年になると(?)自分のことだけじゃなくて、次の世代のこととか考えちゃうんです。自分だけだったらココはグッとガマンすればいいことだけど、次の世代のことを考えたらココはガマンしちゃいかん、って。

でもねー、ほんと、言うは易し行なうは難し。


目指せ英雌ビアン


FC2ブログランキングへ←同性愛者を含む



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 同性愛・両性愛    ジャンル : 恋愛


Comments

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 

Leave a Comment



08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07

09


 
プロフィール

nat

Author:nat
アメリカ在住延べ17年のレズビアン。New YorkからTexasを経てCaliforniaに辿り着きました。世間ではカタイと思われる仕事をしてますが、自由度の高いところが気に入っています。花も恥らう四十路真っ只中。無口なくせにボケ&ツッコミを忘れない根っからの大阪人です。

*写真は実物と似ても似つかないことがありますので、ご注意ください。

natへのメールはこちらからどうぞ。

 
押すところ
一日一回押すとnatの後ろの人が喜びます。

    FC2ブログランキングへ

    人気ブログランキングへ

    にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

 
QRコード
QR
 
全記事(数)表示
    全タイトルを表示
 
 
カテゴリー
 
最近のコメント
 
 
がんばるところ
natに英検1級は無理そうです・・・
 
ブログ内検索
 
 
リンク


    Noh8-campaign-logo2

 
ミュージックなう
natが今聴いてる音楽たち。
うまく動作しない時は、ブラウザーをリフレッシュしてみてください。
 
呟くところ
どん底でこっそり呟きたい人用。
Twitterではありません。
 
カウンター
 

Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。