LESBIAN CINEMA PARADISE

カリフォルニアからレズビアンの映画情報を中心にお届けします。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ人気ブログランキングへ ←押すところ。2コ。ぷりーず。

強制送還されない、かも?


Category: SAME-SEX MARRIAGE   Tags: ---
アメリカの18日、オバマ政権は、国の安全や治安を脅かすことのない多数の違法移民に対する強制送還手続きを中止する、と発表しました(この記事参照

この新しい政策によって、子どもの頃に親に連れられてアメリカに来て、ずっとこっちで生活し、教育を受けている若い違法移民の多く(メキシコからが多い)が、強制送還に怯えることがなくなります。ケースバイケースということですが、マイナーな交通違反で捕まっただけで、強制送還されることはないし、ビザが切れて違法滞在している人たちも、犯罪を犯したりしなければ、強制送還されない可能性が出てきたということです。

それに加えて、この政策はアメリカで「家族」と生活している違法移民の救済も含み、ホワイトハウスはこの「家族」にレズビアンやゲイの家族も含めている、と。
つまり、この新しい移民政策によって、アメリカでアメリカ人と同性婚をしている外国籍のレズビアンやゲイも、連邦政府のDOMA(Defense of Marriage Act:「結婚と同性婚の違い」参照)という法律のせいで配偶者ビザは(まだ)もらえなくとも、ビザがないからってそれだけで強制送還されることはなくなるかもしれない、ということです

でかしたっ、オバマ君


このニュースが飛び込んできて、真っ先に思い浮かんだのが、「New York、New York」の記事で取り上げた、強制送還の危機にあるアメリカ人の女性と結婚している邦人女性。
調べてみたら、色々出てきました。

この日本人女性はウエダ・タカコさんという人で、アメリカはバーモント州出身のFrances Herbertさんと11年も一緒に暮らして、この春にはバーモント州で正式に結婚したのに、タカコさんの学生ビザが独立記念日の7月4日に切れるということで、タカコさんはフランシスと離れてアメリカを出国しなければ強制送還されるという危機に立っていたんです。
タカコさんはこれまでもずっと学生ビザでつないできたようですが、ココにきてありとあらゆる選択肢を使い果たしてしまったそうです。
この二人が異性同士なら、フランシスさんがタカコさんの配偶者として当然グリーンカードをスポンサーできて、タカコさんはもっと自由でいられたハズなんです。





上のビデオでは日本に帰るための荷造りをしているタカコさんですが、natの調べた限り、タカコさんはまだアメリカにいるようです。
このCNNのニュースを辿っていくと、タカコさんとフランシスさんの二人のために、嘆願書に署名を集めているサイトがあることがわかったので、natもとりあえず署名しておきました。まだ署名必要なのかどうかわかりませんが。いや、今回のオバマ政権の新政策で、おそらく強制送還はなくなったのではないかと思いますが、だからと言ってタカコさんにグリーンカードが出るわけでもないので。

署名はこちらから



続きのところに、嘆願書をnatのホンヤクこんにゃく付きで載っけておきます。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ人気ブログランキングへ ←押すところ。2コ。ぷりーず。

嘆願書

親愛なるオバマ大統領

海外出身のパートナーや配偶者を持つレズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー(LGBT)のアメリカ国民は、日々、家族を取るか国を取るかというとんでもない選択に迫られています。結婚防衛法はLGBTのアメリカ国民が配偶者の米国永住権をスポンサーすることを禁じています。

それは間違いです。変えるべきなんです。

最近のマスコミ報道では、カリフォルニアのブラッドフォード・ウエルズとそのパートナー、アンソニー・マーク、そしてバーモントのフランシス・ハーバートとそのパートナー、タカコ・ウエダが窮地に陥っている様子を、辛い事実を伝えました。

合衆国市民権移民局は、ブラッドフォードがアンソニーのために提出したグリーンカードの申請を却下しました。オーストラリア人のアンソニーは、ブラッドフォードの19年来のパートナーでアンソニーとは正式に結婚もしているし、合衆国に強い繋がりがあるにもかかわらず、です。フランシスとタカコは11年も一緒にいて、正式に結婚もしており、良い決定が出るよう希望を持っています。

政府はこういう家族を繋げておくことができる権力を持っています。あなたの政権なら、できるし、するべきなんです、この差別的なDOMAが法廷や議会で争われる間、レズビアンやゲイのカップルたちが一緒にいられるように認めることが。大統領、あなたはDOMAが違憲で弁護の余地はないとおっしゃったでしょう。だったらなぜ、そんな法律に、愛しあって結婚しているカップルを離れ離れにさせておくんですか。

どんなアメリカ人も、愛する人を取るか国を取るかなんて選択を迫られるべきじゃないんです。

我々は、あなたが行動を起こして、LGBTの配偶者を退去させるのをやめるよう連邦政府に指示することを要請します。議会や法廷がこの不正を見直して、きっぱりと終わりにする間、LGBTの家族たちを離れ離れにするのは一時停止するべきです。

我々は60名の議員と共に、司法省と米国国土安全保障省にこの分離をやめるように求めていきます。愛し合っている家族が強制送還に怯えて暮らすことを余儀なくされたり、アメリカ国民がその家族を取り上げられるようなことはあってはならないんです。

大統領、どうか、今日行動を起こして、フランシスとタカコや、ブラッドフォードとアンソニーのような、愛しあっている家族たちが一緒にいられるようにしてください。家族を離れ離れにするのは誰のためにもなりません。



The Petition

Dear President Obama

Every day, lesbian, gay, bisexual and transgender (LGBT) Americans with partners and spouses from abroad face an unconscionable choice between family and country. The Defense of Marriage Act bars LGBT Americans from sponsoring their spouses for residency in the United States.

That is wrong, and it must change.

The plight of these families is highlighted, in painful detail, by recent press coverage of Californian Bradford Wells and his partner Anthony Makk, and Vermont native Frances Herbert and her partner Takako Ueda.

U.S. Citizenship and Immigration Services denied the green card application that Bradford filed for Anthony, his Australian partner of 19 years, despite their legal marriage and strong ties to the U.S. Frances and Takako, who have been committed to one another for 11 years and who are legally married, are hoping for a better outcome.

The government has the power to keep these families together. Your administration can ― and should ― allow lesbian and gay couples to remain together while the discriminatory Defense of Marriage Act is challenged in the courts, and in Congress. You have acknowledged that DOMA is unconstitutional and indefensible. Why, then, are you letting it separate loving, married couples?

No American should have to choose between their beloved and their country.

We urge you to take action and instruct federal government agencies to halt the removal of LGBT spouses. There must be a moratorium on the separation of LGBT families while Congress, and the courts, review this injustice and end it once and for all.

We join the 60 Members of Congress who have asked the Departments of Justice and Homeland Security to stop these separations. Loving families should not be forced to live under the threat of deportation, and American citizens should not have their families taken away.

Please, Mr. President: Take action ― today ― to keep Frances & Takako, Bradford & Anthony, and loving families like them together. No one is served by tearing families apart.


Immigration Equality Action Fund





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 同性愛・両性愛    ジャンル : 恋愛


Comments

Leave a Comment



06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

05

07


 
プロフィール

nat

Author:nat
アメリカ在住延べ17年のレズビアン。New YorkからTexasを経てCaliforniaに辿り着きました。世間ではカタイと思われる仕事をしてますが、自由度の高いところが気に入っています。花も恥らう四十路真っ只中。無口なくせにボケ&ツッコミを忘れない根っからの大阪人です。

*写真は実物と似ても似つかないことがありますので、ご注意ください。

natへのメールはこちらからどうぞ。

 
押すところ
一日一回押すとnatの後ろの人が喜びます。

    FC2ブログランキングへ

    人気ブログランキングへ

    にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

 
QRコード
QR
 
全記事(数)表示
    全タイトルを表示
 
 
カテゴリー
 
最近のコメント
 
 
がんばるところ
natに英検1級は無理そうです・・・
 
ブログ内検索
 
 
リンク


    Noh8-campaign-logo2

 
ミュージックなう
natが今聴いてる音楽たち。
うまく動作しない時は、ブラウザーをリフレッシュしてみてください。
 
呟くところ
どん底でこっそり呟きたい人用。
Twitterではありません。
 
カウンター
 

Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。