LESBIAN CINEMA PARADISE

カリフォルニアからレズビアンの映画情報を中心にお届けします。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ人気ブログランキングへ ←押すところ。2コ。ぷりーず。

Elena Undone


Category: MOVIES-Elena Undone   Tags: ---
久々のLCPらしいエントリーは、エレーナ・アンダン(邦題未定)という映画の紹介です。日本での上映予定とかDVD発売予定とか全然わかりませんが、今年の東京国際レズビアン&ゲイ映画祭なんかで上映されればいいのに、とnatスーパーおすすめの映画です。ていうか、また性懲りも無く、忌明け早々、ハマりました(←現実逃避中らしい)。ちなみに、Elena Undoneを日本語に訳すのはとても難しいんですが、邦題が「エレーナの旅立ち」になりそうな悪い予感がするのはnatだけ?

←英語版DVDでRegion 1指定です。






オフィシャル・サイトはこちら


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ人気ブログランキングへ ←押すところ。2コ。ぷりーず。

DIRECTOR: Nicole Conn ♀♀

WRITER: Nicole Conn

STARRING: Necar Zadegan, Traci Dinwiddie

STORY: インド人の厳しい父親とスペイン人で敬虔なカトリック教者の母親に育てられたエレーナ(Necar)は、牧師の夫と結婚し息子が一人いるが、二人目の子どもができずに諦めて養子をもらおうと説明会に出て、そこで独身なのに養子をもらいたいというペイトン(Traci)と出会う。ペイトンはレズビアンで母親を亡くしたばかり。エレーナは結婚なんて妥協のかたまりだと思っていて、自分にはソウルメイトなんていないと信じている。ペイトンも6年つきあった(「結婚」していた)彼女と別れて、もう恋愛はしなくてもいい、子どもだけいればいいと思っている。ところが、作家のペイトンが、結婚前は写真家だったというエレーナにプロジェクトを持ちかけたことで、二人の距離は急速に近づいて行く。エレーナへの気持ちに気づいたペイトンは、シングルで既婚のエレーナとの将来がないことが目に見えてエレーナから離れようとする。

nat's REVIEW: この映画はとにかく主演のネカーとトレイシーの美しさを堪能してください。それだけでも充分に夢の世界へ旅立てるけど、二人のケミストリーが強力に観るモノを惹きつける。映画史上最長記録更新をしたキス(3分24秒)も、ラブシーンももちろんしっかりあります。でも、ラブシーンは美しく撮る・観せるということに懲りすぎて、いまいちリアリティーというかパッションというか官能的要素、が足りない。アメリカ映画には珍しく(制作費が少ない映画にはよくあるけど)ストーリーが入り組んでいないので、二人の気持ちの展開がじっくりと楽しめる。特に、ストレートさんに恋したことのあるビアンなあなたは、ペイトンの苦悩に思いっきり感情移入できること間違いなし。途中、恋愛教祖のような登場人物(タイラー)がドキュメンタリー風のカップルたちのインタビューを通して、愛の奇跡とかソウルメイト(赤い糸)の存在を説くが、その部分は飛ばして観てもよし(笑)ちなみに、このストーリーは映画監督とプロデューサーの二人の出会いをもとにしたそうで、羨ましっ。トレイシー・ディンウィディーはアウトなバイセクシュアルです。natのお気に入りは、トレイシー(ペイトン)が南部訛りでしゃべるところと、ペイトンがエレーナに気持ちを打ち明けるところと、トレイラーの2:08あたりにあるシーンです。二人とも息を飲むほどキレイなだけじゃなくて、すっごい役者さんだ・・・

エレーナ 「抱いて、ペイトン」
Make love to me, Peyton.

ペイトン 「で、でも、まだ様子みたいんだって思ってた」
I thought, I thought you wanted to wait, to see if you...

エレーナ 「ペイトン、私を抱いて」
Peyton, make love to me.

ペイトン 「そうしたいわ、エレーナ。信じて。でも、一度そうなると、私たちもう引き返せないのよ。」
I want to, Elena. Trust me. But, once we go there, there is no going back.

エレーナ 「引き返したくなんかない」
I don't wanna go back.

nat's RATING: ★★★★★

2010 U.S.A.


FC2ブログランキングへ←ソウルメイトって信じる?

スポンサーサイト

テーマ : 最近見た映画    ジャンル : 映画


Comments

お言葉に甘えて、ヘルプのお願い
”なんだあんなところ”とnatさんに笑われそうですが、あのめくるめく史上最長のキスシーンの最初の方で、二人が唇をつけたまま囁き合っているところです。
natさん、追いかけはやらないんですね。私は、俳優が気に入ると出演作全部追いかけて観ちゃう、しつこい女です。それでね、トレイシーのフィルモグラフィを見てたら、「ザ・レーサー/栄光のデイトナ」というのがあって、昔エリザベス・ミッチェルを追いかけてた時に観た映画でした。トレイシーとエリザベスが共演しているという、私的トリビアの発見をしました。
 でも確かにトレイシー&ネカーはセットがいいですね。もう1本位観たいですね。今度はネカーが”攻め”という設定で(笑)。
 
natのほんやくコンニャク登場
遅くなりました!こんな感じだと思うんですが。

E: I knew you'd feel like this... so soft... so soft like velvet
(こんな感じだと思ってたわ、とっても柔らかい、柔らかくてベルベットみたい)
P: We can stop, don't go any further. You can leave now if you want to.
(止めてもいいのよ、今ならまだ間に合うわ。帰りたいなら帰ってもいいわよ)
E: Really? Are you afraid to be alone with me?
(そう?私と二人きりになるのがこわい?)
P: Yes.
(うん)
E: Seriously?
(そうなの?)
P: Seriously.
(そうよ)
 
natさんお久しぶりです。お忙しいのに、高性能ほんやくコンニャク、ありがとうございました。
日本語で読むとまた、格別ですね。鼻血用のティッシュを用意して(笑)また観てみます。
 

Leave a Comment



04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

03

05


 
プロフィール

nat

Author:nat
アメリカ在住延べ17年のレズビアン。New YorkからTexasを経てCaliforniaに辿り着きました。世間ではカタイと思われる仕事をしてますが、自由度の高いところが気に入っています。花も恥らう四十路真っ只中。無口なくせにボケ&ツッコミを忘れない根っからの大阪人です。

*写真は実物と似ても似つかないことがありますので、ご注意ください。

natへのメールはこちらからどうぞ。

 
押すところ
一日一回押すとnatの後ろの人が喜びます。

    FC2ブログランキングへ

    人気ブログランキングへ

    にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

 
QRコード
QR
 
全記事(数)表示
    全タイトルを表示
 
 
カテゴリー
 
最近のコメント
 
 
がんばるところ
natに英検1級は無理そうです・・・
 
ブログ内検索
 
 
リンク


    Noh8-campaign-logo2

 
ミュージックなう
natが今聴いてる音楽たち。
うまく動作しない時は、ブラウザーをリフレッシュしてみてください。
 
呟くところ
どん底でこっそり呟きたい人用。
Twitterではありません。
 
カウンター
 

Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。