LESBIAN CINEMA PARADISE

カリフォルニアからレズビアンの映画情報を中心にお届けします。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ人気ブログランキングへ ←押すところ。2コ。ぷりーず。

初恋-第九章


Category: LIFE AS LESBIAN   Tags: ---
序章  第一章  第二章  第三章  第四章  第五章  第六章
第七章  第八章  


修士論文はなかなか思うように進まなかったけれど、遅くとも次の年の春には日本に帰るつもりだったから、夏から秋にかけてあたしは仕事探しであちこち飛び回っていた。
あたしの専門の分野で日本ではかなり名の通っている人にアメリカの学会で知り合って、その人に日本での仕事の相談をしたら、たまたまあたしがロスにいるときに、サンタモニカの自宅に招いてくれた。
レンタカーでサンタモニカの海岸を走ってたどり着いたその人の自宅というのは、海辺の高層マンションで、玄関を入ったとたんに全面ガラス張りのリビングからは海がすぐそこに広がっていて、それはもう驚いた。
時期になるとその全面ガラス張りの部屋からは、くじらが海を行くのが見えるとその人は教えてくれた。
誰もが憧れる夢のカリフォルニアがそこにはあった。

oceanview.jpg

その人は日本のめぼしいコンタクト先を教えてくれただけじゃなく、「私の名前使ってもいいわよ」とまで言ってくれた。
そして、言われた通りに、その人の名前を挙げて教えてもらったコンタクト先に手紙を書いたら、会ってもいいと言ってくれる人が何人かいて、それで今度は日本へ帰って面接。

そんな風にあちこち飛び回ってると少しは気が紛れた。
修士論文なんてのは何の役にも立たなくて、あのコのことばかり考えてしまうから。

あのコのことは諦めなきゃ、ってわかってた。
日本に帰れば、離れてしまえば忘れられるって思ったから、日本に帰ることばかり考えてた。

そんなある日、あのコから電話があった。

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ人気ブログランキングへ ←押すところ。2コ。ぷりーず。

natちゃん、元気?


まるで何もなかったかのような、いつものあのコ。


あ、うん、元気だよ。そっちは?


そして、それにあわせようと懸命に平静に振舞うあたし。


natちゃん、あのさ、ドレス買いに行くのつきあって。


イキナリそう言われて、わけがわからないあたしに、あのコは、
マーチンとちょっとしたフォーマルなパーティーに出席しなきゃならなくなって、イブニング・ドレスのようなものが必要になったんだと説明した。
もちろん、あたしはオーケーした。
あのコに逢える、そう思ったら、諦めるとか忘れるとか、そんなことはアッサリどっかに飛んでった。

ところが、あのコもあたしもイブニング・ドレスなんてものをアメリカで買ったことなんてなくて、どこに買いに行けばいいのかサッパリわからなかった。
以前、あたしがルームメートのお姉さんの結婚式に出席した時の『衣装』を、ルームメートに連れられて買いに行ったところがモールの中のデパートだったから、とりあえずそこに行ってみることにした。
すると、お目当てのイブニング・ドレスらしきものは簡単に見つかって、しかも日本人の感覚からすると、とてもお手頃なお値段だった。
とりあえず黒にしておけば間違いないだろう、と山ほどある色んなデザインの黒のドレスを二人で見て回った。


これは?


と言って、あたしが手に取ってあのコに見せたそのドレスは、肩が大きく開いたロングドレスだった。

black_dress.jpg

どこにでもあるデザインだけど、なぜか見る人の目を惹きつける、着こなしようによってはアカデミー賞のレッドカーペットの上でも見劣りしないような、そんなドレス。
あのコもそのドレスが気に入ったみたいで、試着してみると言った。


natちゃんも一緒に来て。


そう言われて、試着室に着いて行ったら、ダンスパーティーのシーズンでもない季節外れのデパートのドレス売り場なんてのは人気がなくて、試着室も当然貸切状態。
あのコが試着室内の個室でドレスに着替える間、あたしはカーテンの外で待った。
そして、しばらくして、カーテンが開いて、あのコが出てきた。


・・・・・・・・!!!


本当に美しいモノを目の前にすると、人は言葉を失う。
黒のドレスを纏ったあのコは、世界中のどんなキレイな女優さんよりもキレイだった。
この手のドレスは、背が低くて凹凸のない日本人女性には似合わない。
あのコは決してグラマーじゃなかったけど、背は高い方だし、自分の容貌にもそこそこ自信ある感じだから、こんなドレスだって着こなせるハズ。そう思ったあたしの感は外れなかった。
そこには、いつもあのコじゃなく、イブニング・ドレスを堂々と着こなすオトナの女がいた。


すっごい、キレイ・・・


しばらくしても、そんな陳腐な言葉しか出てこなかったけど、あのコはそれを聞いて満面の笑みを浮かべた。


ちょっと回ってみて。


なんて、冗談半分にファッションショーをさせたりして、サイズも何もかもあのコにピッタリだった。


じゃ、コレにする。


そう言ってあのコは、他のドレスを試しもせずに、そのドレスに決めた。


natちゃん、後ろ手伝って。


そのドレスには背中にファスナーがあったから、脱ぐにはそのファスナーを下ろさなきゃならなかった。
言われるままに、あたしは試着室の個室の中に入り、あのコの背後に立ってファスナーに手をかけて、ゆっくりと下ろした。
あのコの素肌が、肩から背中にかけて、あたしの目の前に露になった。
そうなると、あたしはもう抑えが効かない。

そのまま背後からあのコを抱きすくめた。


キレイすぎるよ・・・


あのコはそうされて驚いた様子もなく、それどころか、あたしは、あのコがあたしの腕の中に溶けて行くのを感じていた。
そこがデパートの試着室じゃなかったら・・・
だけど、いつ店員さんが入ってくるかもしれないその状況では、あたしはそれ以上自分の本能を自由にさせておくわけにはいかず、何とか理性を呼び戻して今にも暴れだそうとする本能を再び押さえ込んだ。


あーっ、もうっ!


死ぬほど空腹の時に、大好物のご馳走を目の前にして、食べずに我慢しなきゃならないほど辛いことってきっとない。
そんなあたしを見て、あのコはちょっと笑ったみたいだった。

そうして、あのコが着替えを済ませて試着室から出てくるのを待つ間に、少し冷静になったあたしの頭には、またあのコのボーイフレンドのことが浮かんできた。

あのコは、あたしの選んだこのドレスを着て、アイツに抱かれるんだろうか・・・



買い物を済ませ、車であのコがマーチンと暮らす家の近くまで来たところで、


うち、来る?


あたしは、あのコに訊いてみた。


う~ん、今日はやめとく。


あたしの下心を見透かしたかのような返事をしたあのコだったけれど、あのコの中でも本能と理性が闘っているような気がしたのはきっとあたしの思い過ごし・・・
あのコはただ、あたしと友達でいたかっただけなのかもしれない。
だけど、そんなのは無理だよ。
こんなに、こんなに好きなのに・・・
そうして、一度は忘れよう諦めようとしたあのコへの想いに、また火がついてしまって、だけどあたしはどうすることもできず、その炎に我が身を焦がすしかなかった。
マーチンとは長続きするわけがない。
待ってれば必ずまたチャンスはある。
あのコを諦めるなんてできない。
そう願うしかなかった。


そんなことがあってしばらくして、日本で就職の面接をした相手からあたしに返事が来た。





I could lose my heart tonight
If you don't turn and walk away
'Cause the way I feel I might
Lose control and let you stay

'Cause I could take you in my arms
And never let go

I could fall in love with you
I could fall in love with you

I can only wonder how
Touching you would make me feel
But if I take that chance right now
Tomorrow will you want me still

So I should keep this to myself
And never let you know

I could fall in love with you
I could fall in love with you



第十章に続く


FC2ブログランキングへ←あと一回、のハズだったけど・・・

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 女性同士の恋愛。    ジャンル : 恋愛


Comments

Leave a Comment



05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

04

06


 
プロフィール

nat

Author:nat
アメリカ在住延べ17年のレズビアン。New YorkからTexasを経てCaliforniaに辿り着きました。世間ではカタイと思われる仕事をしてますが、自由度の高いところが気に入っています。花も恥らう四十路真っ只中。無口なくせにボケ&ツッコミを忘れない根っからの大阪人です。

*写真は実物と似ても似つかないことがありますので、ご注意ください。

natへのメールはこちらからどうぞ。

 
押すところ
一日一回押すとnatの後ろの人が喜びます。

    FC2ブログランキングへ

    人気ブログランキングへ

    にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

 
QRコード
QR
 
全記事(数)表示
    全タイトルを表示
 
 
カテゴリー
 
最近のコメント
 
 
がんばるところ
natに英検1級は無理そうです・・・
 
ブログ内検索
 
 
リンク


    Noh8-campaign-logo2

 
ミュージックなう
natが今聴いてる音楽たち。
うまく動作しない時は、ブラウザーをリフレッシュしてみてください。
 
呟くところ
どん底でこっそり呟きたい人用。
Twitterではありません。
 
カウンター
 

Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。