LESBIAN CINEMA PARADISE

カリフォルニアからレズビアンの映画情報を中心にお届けします。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ人気ブログランキングへ ←押すところ。2コ。ぷりーず。

LGBT亡命申請イラン人女性のその後


Category: OTHER LGBT ISSUES   Tags: ---
ただいまぁ!

ゲイゲイしい(?)二週間を送って来ました。時差ぼけやらナンやらで体調がイマイチです。この年になると長旅は身体にコタエます
旅の報告はまたボチボチとしようと思いますが、この二週間の間にも世界中では色んな出来事があったようで、近所にカフェがまた一つオープンしたりとか、iPhone G4が発売になったりとか(←どんな出来事やねん!)。
帰ってからザーッと二週間のニュースを追っかけてみようとしたんですが、無理です(きっぱり)。この情報化時代にあっては、二週間の空白というのは完全な浦島花子状態を引き起こします

でも、コレだけは書いておかねば、と思う出来事を一つだけ。

二ヶ月ほど前に「レズビアンであることが死を意味するとき」と言う記事で、Kiana Firouzというイラン人レズビアンのことを書いたら、それが日本人の方々に激しくツイートされて、うちへのアクセスが一日に1,000件なんてとんでもないことになったんですが、その後の情報が入りました。

キアナさんは、英国にLGBT亡命を申請してそれが却下され、上訴したんですがそれも棄却されてしまい、イランへの強制送還の危機にあったんですが、2週間ほど前に英国から「滞在許可(Leave to Remain)」が降りたそうです。

LGBT Asylum Newsというグループが中心になって、インターネット上で彼女を救うための署名運動が行われていたんですが、natが署名した時は確か3,000にも満たない程度だったのに、何と45,000以上の署名が世界中から寄せられたようです


この喜びのニュースについては、LGBT Asylum Newsのこの記事に書かれていて、キアナさんのお礼の手紙も掲載されています。でも、コレを読んだ限りでは、万歳三唱というわけにはまだいかないようです。



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ人気ブログランキングへ ←押すところ。2コ。ぷりーず。

まずは、キアナさんのお礼の手紙をnatのほんやくコンニャクでお届けします。

親愛なるみなさま

サポートやコメントやメッセージを、みなさん本当にどうもありがとうございました。多くの方が私の嘆願書に署名してくださって、言葉もありません。みなさんの支援とあたたかいお手紙は、自分の信念や性指向のために差別されているイラン人や世界中の人たちに大きな希望と勇気を与えてくれました。

私は、宗教国の不当さと差別に苦しむ一人のイラン人レズビアンに過ぎません。今もイランでは、数千人ものイラン人LGBTたちが、その性指向のために家族や社会から苦しめられ、拷問を受けています。イラン国外にいる者たちも、多くの困難に直面していると思います。

英国によって亡命を拒否されたレズビアンまたはゲイは私だけではありません。UKレズビアン・ゲイ移民グループ(UK Lesbian and Gay Immigration Group)が出した「落第点(Failing the grade)」という報告書によると、一般の亡命申請の拒否率は73%であるのに対して、そのグループが調べた50通の拒否通知書から、LGBTによる申請の98-99%が拒否されていることがわかりました。

この中にはイラン人だけでなく、イラク人も含まれます。イラクでは同性愛者は民兵によって追跡して殺されるという状況が公になった後ですら、イラク人LGBTの申請は拒否されています。私はイラク人LGBTと結束して、彼らの指導者Ali Hiliによる申請を支援したいと思います。

私を支援してくださったみなさま、どうか、イギリスの亡命システムに捕らわれてしまった他の多くのレズビアンやゲイたちの苦境にも目を向けてくださいますようお願いします。新しいイギリス政府が私や彼らの状況に配慮してくれることを希望します。

これがさらなるチャンスを生み出して、性指向に関わらず全ての人に対してオープンなイラン社会に向けての動きとなることを私は希望します。また、イランで同性愛者が受けている不正、拷問、死刑が終わる日が来ることを強く望みます。


敬具

Kiana Firouz





で、このキアナさんですが、亡命の許可が下りたわけじゃないんです。
Leave to Remainというのは、natが理解したところによると、5年間はこのままイギリスにいてもいい、という許可で、それは5年たったらイランに帰っても安全だろうと仮定してのことだそうです。

あの、2010年の現在、同性愛者を死刑にする国が、5年たったら安全ってアンタ・・・



FC2ブログランキングへ←5年後には同性婚を認める国は今より増えてるだろうけど

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 同性愛(ゲイ・レズビアン)ニュース    ジャンル : ニュース


Comments

Leave a Comment



10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09

11


 
プロフィール

nat

Author:nat
アメリカ在住延べ17年のレズビアン。New YorkからTexasを経てCaliforniaに辿り着きました。世間ではカタイと思われる仕事をしてますが、自由度の高いところが気に入っています。花も恥らう四十路真っ只中。無口なくせにボケ&ツッコミを忘れない根っからの大阪人です。

*写真は実物と似ても似つかないことがありますので、ご注意ください。

natへのメールはこちらからどうぞ。

 
押すところ
一日一回押すとnatの後ろの人が喜びます。

    FC2ブログランキングへ

    人気ブログランキングへ

    にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

 
QRコード
QR
 
全記事(数)表示
    全タイトルを表示
 
 
カテゴリー
 
最近のコメント
 
 
がんばるところ
natに英検1級は無理そうです・・・
 
ブログ内検索
 
 
リンク


    Noh8-campaign-logo2

 
ミュージックなう
natが今聴いてる音楽たち。
うまく動作しない時は、ブラウザーをリフレッシュしてみてください。
 
呟くところ
どん底でこっそり呟きたい人用。
Twitterではありません。
 
カウンター
 

Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。