LESBIAN CINEMA PARADISE

カリフォルニアからレズビアンの映画情報を中心にお届けします。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ人気ブログランキングへ ←押すところ。2コ。ぷりーず。

Fire


Category: MOVIES-Fire   Tags: ---
インドで同性愛を描いた初めての映画「炎の二人」(邦題)です。
日本では1999年の第8回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭で上映されましたが、一般公開はされていません。


英語版のDVDでAll Regionsです。







にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ人気ブログランキングへ ←押すところ。2コ。ぷりーず。

DIRECTOR: Deepa Mehta

WRITER: Deepa Mehta

STARRING: Shabana Azmi, Nadina Das

STORY: 寝たきりの姑の世話をしながら店を切り盛りするラダ(Shabana)は、宗教にのめりこんでセックス断ちをしている夫と平凡な生活を送っているが、同居する夫の弟に嫁いできた若い義妹、シータ(Nadina)の奔放さに惹かれ、やがて二人は恋に落ちる。

nat's REVIEW: Shabana Azmiはインドでは有名は女優さんというだけあって、落ち着いた大人の美しさをかもし出している。全体には暗いトーンだけど、インド文化を垣間見ることができる。ストーリーは最後まで気が抜けない。エッチシーンももちろんあり。初の同性愛映画でよくここまでやったもんだと思う。インドではこの映画を上映する各地の映画館が保守派ヒンドゥー教徒によって攻撃され、宗教的冒涜だとするこのグループと同性愛支援と言論の自由を掲げるグループの間で激しい議論やプロテストが繰り返されたらしい。同性愛という面だけでなく、女が個人の幸せを選択するということがどういうことか、ということも考えさせられる。

nat's RATING: ★★★★

1996 India & Canada


FC2ブログランキングへ←たかが映画、されど映画


スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画    ジャンル : 映画


Comments

Natさんは好みの範囲が広いですね。 インドは私の好きな国の一つです。女性がメッチャ、美人ですしね。黒髪というのは私の好みですし。(何だか言い方がスケベ親父的で、ちょっと反省しましたが・・・)。インド美人が世界で一番だと思っているのは私だけでしょうか? それともNatさんも同類? 

実はバンクーバーの地元紙にこんな記事が出たので、Natさんにご報告します。以前のNatさんの話にも関連したことが出ていたので。恐ろしい話ですよね。アメリカから駆けつけたキリスト教関係者も怪しいけれど、ウガンダで力をもっている(これまたキリスト系ゲイ反対者)はナチスとゲイ支持者を協力関係にあると言っているところが???。ナチスって同性愛者にピンク十字のしるしをつけて強制収容所に入れて、ユダヤ人よりも過酷な状況下に置いたんじゃなかったかしら? 不思議です・・。

http://www.vancouversun.com/health/fight+right+live+their+lives/3030713/story.html

ウェブサイトに問題があったら教えてください。
 
>けいさん、
確かにインド美人は美人ですが、世界で一番だとまでは・・・(^_^;)
すみません、この件に関しては同類になれなくて。

ウガンダのアンチ・ゲイの新法に関する記事、ありがとうございました。アメリカの保守派キリスト教者がウガンダにホモ・ホビアをたきつけたということ、事実性を確認することは難しそうですが、彼らのアメリカでの力を考えてみると、海外で、特に開発途上国でそいういう洗脳活動を行ってても何の不思議もないです。
ナチスが同性愛者を強制収容所に送るのに使ったバッジはピンクの十字ではなくてトライアングルです。今ではゲイ・プライドのシンボルに使われています。
それよりも、この記事に登場するウガンダの二人のレズビアンの活動家たちにあたしは頭が下がります。新法が施行されるようになったら同性愛者は死刑になるかもしれないというのに、それでもウガンダを去らず、命をかけて後に続くレズビアンたちのために運動を続けるという覚悟と勇気。いつの時代もどこの国でも、社会を変えるのは政治家たちではなく、こういう人たちが、一人一人、自らの命をかけて変えて行くんですね・・
 
いつも読ませていただいています(^o^)
自分も勉強しなければな…と思っています!


ところで初恋の記事、まるで連載小説を読んでいるようで、ワクワクどきどき、まちきれない気持ちでいっぱいです。笑
 
>MSさん
こんなブログをいつも読んでいただいてありがとうございますv-207(違)
あたしも色んなことをココに書くことで、勉強になってます。

あ、初恋シリーズは、もう、お恥ずかしい限りですv-356
 
Natさん、
そうか、ピンクの逆トライアングルですね。でも何で逆トライアングルなんでしょうね? ユダヤ人はダビィデの星まーくなのに・・・。ちょっと興味。もしも知っていたら教えてください。
そうなんです、彼女たちは本当に勇敢で、尊敬に値する人たちです。2人ともひどい目にあいながらもウガンダを離れる気が無いの。自分たちがそこで生きるためには闘うしかないし、自分が生きているうちにその勝利を見ることが出来なくても、将来のレズビアンのためになるなら・・と、涙ものです。その一環の記事で{some lesbian are subjected to "corrective rape".
というのがあって、私は心の底から許せないと思いました。彼らはレズビアンは男性経験が無いから、もしくは本当の男性に出会っていないからレズビアンに走った。だから治すには男に「やられる」べきだということで、ウガンダの社会でレズビアンに対するレイプを正当化する流れがあるんですね。そういった中でも彼女たちが闘っているのは見事です。American missionary の件の事実関係はわからないけれど、どうなんでしょうね。さもありなんというところが難しいところですが・・。
インド美人が世界一を主張する会の名誉顧問として、是非ともインド美人を見つけたらNatさんに写真を送ります(笑)。もっとも私はイタリア美人にも弱いんですけどね。
それではこれからも興味深い記事を楽しみにしています。
 
>けいさん
三角形が逆さなことにはあまり意味はないと聞いたことがあります。
Wikipediaによると、道路標識を元にして逆三角形にしたんだとか。

レズビアンは男を知らないからレズビアンなんだと、だから教えてやれば治る、とレズビアンがレイプされるのはウガンダに限ったことではありません。アメリカでも日本でもどこでもあることです。マリエンホフでも、ジュリエットが危うくそれで襲われそうになる場面があるし。

名誉顧問さま(笑) あの、誤解があるようなので、訂正したいんですが、natはインドの美人さんはとても美人だと思います。ただ、あたしの好みではないんです。だから、そういう意味で世界一とは言えないと。今のところnatにとってはシルビアが世界一の美人ですv-415


 

Leave a Comment



10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09

11


 
プロフィール

nat

Author:nat
アメリカ在住延べ17年のレズビアン。New YorkからTexasを経てCaliforniaに辿り着きました。世間ではカタイと思われる仕事をしてますが、自由度の高いところが気に入っています。花も恥らう四十路真っ只中。無口なくせにボケ&ツッコミを忘れない根っからの大阪人です。

*写真は実物と似ても似つかないことがありますので、ご注意ください。

natへのメールはこちらからどうぞ。

 
押すところ
一日一回押すとnatの後ろの人が喜びます。

    FC2ブログランキングへ

    人気ブログランキングへ

    にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

 
QRコード
QR
 
全記事(数)表示
    全タイトルを表示
 
 
カテゴリー
 
最近のコメント
 
 
がんばるところ
natに英検1級は無理そうです・・・
 
ブログ内検索
 
 
リンク


    Noh8-campaign-logo2

 
ミュージックなう
natが今聴いてる音楽たち。
うまく動作しない時は、ブラウザーをリフレッシュしてみてください。
 
呟くところ
どん底でこっそり呟きたい人用。
Twitterではありません。
 
カウンター
 

Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。