LESBIAN CINEMA PARADISE

カリフォルニアからレズビアンの映画情報を中心にお届けします。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ人気ブログランキングへ ←押すところ。2コ。ぷりーず。

Skins-Season 4 Episode 6


Category: TV-Skins   Tags: ---
“Los Hombres de Paco”のシルビアの喪に服していて、スキンズが疎かになってしまっている今日この頃。
それもこれも、スキンズのナオミとエミリーの出番が少なすぎるからです。
今回はとりあえず、ちょびっとだけ二人の出番あったんですが、本当にスズメの涙程度。

シーズン4第6話の中心は、JJというちょっと変わった男の子です。
JJは精神病だという設定になっているんですが、たぶんアスペルガー症候群のようなもんだと思います。
んでもって、シーズン3ではナオミと付き合う前のエミリーが、オンナ経験のないJJを不憫に思って、JJと友情えっち(?)をしています。
で、今回のお話では、JJに好きなコができて、やっと勇気を振り絞ってそのコをデートに誘って、二人でバーに行くんですが、そこに偶然エミリーがナオミ以外のオンナ(マンディー)と現われます。

skins-naomilyS4E6-1.jpg


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ人気ブログランキングへ ←押すところ。2コ。ぷりーず。

エミリーはマンディーを「友達」だとJJに紹介し、「私たち帰るところだから」と言うんですが、マンディーにすかさず「今来たばっかりじゃない」と訂正されてしまいます。でも、エミリーはかまわずその場を去り、マンディーもエミリーに従ってバーを出ます。

晴れて子持ちのララと付き合うようになったJJは、ララを紹介するためにナオミの家を訪ねます。

skins-naomilyS4E6-2.jpgビールを片手に“Welcome to the house of fun.”(愉快な家にようこそ)と迎えるナオミ。


ナオミは酒とマリファナでラリってぼ~っとしています。
ララの赤ん坊がいる前で、マリファナに火をつけて、ララに「マリファナ吸わないでくれる?」と言われて、ナオミは「あっ、ごめん、あたしってバカ・・・」と謝るんですが、「あたしってバカ」にエミリーはすかさず「知ってるわよ」と嫌味ったらしく呟きます。

skins-naomilyS4E6-3.jpgそして、JJはナオミがいる前で、悪気なしにエミリーが他の女といたところに出くわしたことを話してしまいますが、そんなこと何もしらなかったナオミ。


エミリーはその場をごまかしてJJを自分の部屋に呼びます。浮気してるのかと訊くJJに、エミリーはマンディーは好きだけど何もないと否定します。

エミリー「私がまた恋愛したいと思う?」
 You think I want to get into another relationship?

エミリー「恋愛なんて最悪。マジで最悪よ。」
 Relationships suck. They really fucking suck.

JJ   「僕のは最悪じゃないよ。」
 Mine doesn't.

エミリー「あのコ見てみなさいよ。あんたを利用してるだけよ。」
 Look at her - she's using you.

JJ   「え?何?・・・どうやって?」
 What? Wh... How?

エミリー「彼女は・・・わかんない。子どもかも。」
 She's... I dunno. Maybe it's the kid.

エミリー「たぶんあのコは誰かに仕返ししようとしてるのよ。そうでなきゃ、何で彼女が、」
 Maybe she's trying to get back at someone. Otherwise, why would she even?

JJ   「何で彼女が僕みたいな精神病野郎と付き合うのかって?」
 Why would she be with a mental basket like me?

エミリー「アタシはあんたを守ろうとしてるのよ。」
 I'm trying to protect you.

エミリー「やめなって、あのコに捨てられる前に、でなきゃ本当に捨てられるよ。」
 Get out before she kicks the shit out of you, because she will.

JJ   「ララはナオミじゃない!」
 Lara's not Naomi!

JJ   「んでもって、僕はキミじゃない。」
 And... I'm not you.

JJ   「僕には・・・信頼ってもんがあるんだ。」
 I have... trust.

JJ   「信頼してるんだよ・・・75%。」
 I have... 75% trust.

JJ   「君はほとんど空っぽじゃないか。」
 You're running on empty.

JJ   「精神病野郎に言われなきゃわかんないのか。」
 And it takes a mental basket to tell you that.

JJ   「誰が頼れるのか思い出してみろよ、な?」
 Just remember who you can rely on. OK?

skins-naomilyS4E6-4.jpgJJに鋭い指摘をされたエミリー。



JJくん、よくぞ言ってくれました!
なんかもう、エミリーにだんだん腹立ってきたnatです。
そりゃ、浮気をしたナオミが悪い。だから許せとは言わないけど、その子どもっぽい仕返しやめなさいって。あ、まだ子どもか・・・


FC2ブログランキングへ←恋人に浮気されたらどうする(した)?

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 海外ドラマ(欧米)    ジャンル : テレビ・ラジオ


Comments

こんにちは!またお邪魔しました。結構度々お邪魔しております。
浮気されたとき、私は気づきませんでした。
たぶん、気づかないようにしていたかも。
後から思えば、「あの時も・・・」「あれも・・・」「あれもそうかも」と思うような事は
いくつもいくつもあって、でも、過信してたんですね。恋人は自分にゾッコンなはずだと。それで最後の最後の最後に「ああ、もう違うんだ」って知ったんです。別れる、と言われた後に。

もしも別れる前にそれを知っていたら、どうしていたかな。
若かったから、すごく責めてしまったかもしれない。
今なら、多分、欝々、悶々としながらもその人が浮気に飽きるまで待とうと思います。そのうち、浮気が本気になっちゃたりしてね・・・。ため息。
 
Re: タイトルなし
Natsuさん、結構度々いらしてくださってありがとう(笑)
浮気に気づかないってよくありますよね。気づきたくないから気づかない・・・
そっかー、今だったら浮気に飽きるまで待つ、か。ふむ。
natは過去に、浮気だったら待ったかも、という経験がありました。
最近「オープン・リレーションシップ」に興味があります。
いったいどういう仕組みなのか、と。
 
natさん、いつも楽しく読ませていただいております。
夢中になって見ているSkinsがきっかけで、こちらにたどり着きました。
いつもyoutubeで英語字幕で見ているのですが、
時々分からないところもあり、natさんの日本語訳がとてもありがたいです!
naomiとemily、嫌な展開でここまで引っ張るということは、
最終話は彼女たちの話でてんこもりになるのでは!と
もっぱらの噂です(web上で)
なのでそれを期待しながら日々過ごしています。

個人的に「オープン・リレーションシップ」は、
ずるいなあ…という印象があります。
 
Re: タイトルなし
madoさん、

コメントありがとうございます。
Kathryn Prescottがナオミリーの二人は一応ハッピーエンドだと口を滑らしたので、心配はしてないんですが、もっと毎週二人を出せ!と思います(^_^;)

本当のオープン・リレーションシップは非常に洗練された契約関係で、関係者全員がその契約の元に全ての条件を納得してないと成り立たないと思うんです。そういうのもありかな、とは思うんですが、自分にそれができるかどうかはまた別問題です。
 
恥ずかしながら「オープン・リレイションシップ」について初めて知りました。関係者全員が納得してないと、というそれ自体が成り立たない気がしてなりません。私なら、ずるいけど、現状を保ちたい恋人には伏せておいて新しい相手にはすべてを話す、という方法を取りたい・・・。自分が恋人または恋人候補に「(これからは)オープン・・で」って言われたら・・・。相手によりますよね、それでも好きか、それなら分かれるか、のどちらかだと思う。

Natさんのブログをみて色々な映画やドラマが題材にしていることを知りました。とても気になるので少しずつ観てみたいなあと思っている所です。
 
Natsuさん、
う~ん、それはオープン・リレーションシップではなくて、単なる浮気じゃないかと(笑)
オープン・リレーションシップは隠し事がないというのが大前提ですので。
相手に惚れてる弱味でオープンに渋々納得してしまうという形では、オープン・リレーションシップは難しいでしょうねえ。双方とも、そして第三者もみんな自分で望んでそういう形を取る契約をしないと。
 
 NATさん、いつも楽しい話題を有難うございます。
エミリーに対しては「むかつく~」と感じる瞬間もあり、「こんな彼女だけは持ちたくない!!」と感情的になる事もあるのですが、基本的に憎めないタイプです。
 私も何年か前に付き合った人、こんなに人を愛せるのかと思った相手が実は浮気をしていたという事を知って愕然とした覚えがあります。もっともその相手からしたら私のほうが浮気相手なのかもしれないですが・・・。 その時に私のとった行動は、相手との関係をきっぱりと切って、良い友達になることでした(今でも彼女とは良い友達です)。でも、どこかでそうしたほうがかっこいいし、自分が傷つかないというずるい気持ちがあったのでは?という気がします。だから仕返しをしながらもナオミを愛しているエミリーが可愛いと思うのは私が年をとった証拠でしょうか?(母親の心境??) でもNATさんが2人はハッピーエンドだと教えてくれたので、何だかとっても嬉しい気分です。エミリー、良かったね。お母さんは応援しているわよ!
 私としては本当に好きな相手とは「オープンリレーションシップ」は結べません。前に「友達以上恋人未満」という関係を結んだことがあったけれど(これはまさしくオープンリレーションでした)、それは私が相手を本気で愛していないから成立した関係だけれど(相手もそうだと思います)、本当に好きになったらやっぱりだめだと思う。
 
お母さん、って(笑) でも、これくらいの娘がいても全然おかしくない年だわ(^_^;)
natは惚れたヲンナとは別れても友達にはなれないです。
オープンリレーションシップは本気で惚れていないから成立する、か。ふむ。どうなんだろう・・・。う~ん、う~ん。もうちょっと考えてみます。
 

Leave a Comment



05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

04

06


 
プロフィール

nat

Author:nat
アメリカ在住延べ17年のレズビアン。New YorkからTexasを経てCaliforniaに辿り着きました。世間ではカタイと思われる仕事をしてますが、自由度の高いところが気に入っています。花も恥らう四十路真っ只中。無口なくせにボケ&ツッコミを忘れない根っからの大阪人です。

*写真は実物と似ても似つかないことがありますので、ご注意ください。

natへのメールはこちらからどうぞ。

 
押すところ
一日一回押すとnatの後ろの人が喜びます。

    FC2ブログランキングへ

    人気ブログランキングへ

    にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

 
QRコード
QR
 
全記事(数)表示
    全タイトルを表示
 
 
カテゴリー
 
最近のコメント
 
 
がんばるところ
natに英検1級は無理そうです・・・
 
ブログ内検索
 
 
リンク


    Noh8-campaign-logo2

 
ミュージックなう
natが今聴いてる音楽たち。
うまく動作しない時は、ブラウザーをリフレッシュしてみてください。
 
呟くところ
どん底でこっそり呟きたい人用。
Twitterではありません。
 
カウンター
 

Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。