LESBIAN CINEMA PARADISE

カリフォルニアからレズビアンの映画情報を中心にお届けします。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ人気ブログランキングへ ←押すところ。2コ。ぷりーず。

Training Rules


Category: MOVIES-Training Rules   Tags: ---
kooさんのブログ「ビアン通信」でバンクーバーオリンピックのOUTアスリートの話題が出てたんで、タイムリーかなと思って今回は日本未公開のドキュメンタリー映画「トレーニングルール:ノーアルコール、ノードラッグ、ノーレズビアン」(邦題がまだないようなのでnatが勝手につけました←英語そのまんまやし)を紹介します。

Training RulesRegion 1のDVD、英語版です。



オフィシャルサイトはこちら



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ人気ブログランキングへ ←押すところ。2コ。ぷりーず。

DIRECTOR: Dee Mosbacher ♀♀, Fawn Yacker

WRITER: Gail Mallimson, Dee Mosbacher, Fawn Yacker

NARRATOR: Diana Nyad ♀♀

STORY: ペンシルバニア州立大学女子バスケットボールチームのコーチを20年以上勤めたRene Portland によるレズビアン差別と虐待の実態を暴くドキュメンタリー。強いチームを率いる人気コーチ、レネー・ポートランドは多額の寄付金と大学側のサポートをバックに、アンタッチャブルな存在。自分のチームにはレズビアンは“ない”(We don't have "it".)から安心して娘さんを預けてください、ということを選手獲得交渉の時に堂々と親に公言し、選手がたとえレズビアンではなくても髪型や服装が女らしくないというだけでレズビアン疑惑をかけ、どんな優秀な選手でも試合に出さなかったり精神的虐待を加えたりし、挙句の果てにはスポーツ奨学金を取り上げチームから追い出し大学にもいられなくし他の大学にも移れなくするということを繰り返す。レネーがコーチをしていた20数年の間に、そうしてバスケットボール選手としての夢を潰され沈黙を強いられてきた何人もの選手たちがその痛みと苦悩を語る。強力な人気とパワーを持つアンタッチャブルなレネーに立ち向うことなど不可能なことだと誰もが思ったが、そうして差別を受けてバスケットボール選手生命を絶たれた一人のスタープレーヤー、Jennifer Harrisが2006年にレネーとペンステートを相手に訴訟を起こす。2007年に両者は和解するが、どういった条件で和解したかは明かされていない。そして、その和解後まもなくレネーはコーチを自ら辞める。

nat's REVIEW: このドキュメンタリーを観なかったら、スポーツチームのこんな酷い実態を知ることはなかったと思う。そういう意味で目から鱗な映画。ペンステートに行かなくてよかった、が最初の感想。このコーチは許せないけど、そんなコーチを蔓延らせて何もしなかった大学側はもっと許せない。おそらく他の大学やスポーツチームでも同じような同性愛差別が行われているんだろうなと思とゾッとする。アウトなスポーツ選手たちの勇気を称えたい。レズビアンだと言うだけで、あるいは女っぽくないからというだけで夢を摘み取られてしまった選手たちの悔しさを思うと、本当に腸が煮えくり返る。映画の中でこのコーチのアシスタントだった女性が、レネーはキリスト教信者で心の底から真剣にレズビアンを排除することが正しいことだと信じている、と証言するが、そういう人間だったらきっと今でもレズビアンは罪だと信じていて自分がしたことは間違ってなかったと思っているはず。ヘイトクライム(注1)が通常の犯罪以上に厳しい刑事処罰を受けるアメリカで、こういう酷い差別行為をしたコーチが何の処罰も受けないのは納得が行かない。
この映画の中で、同じペンステートの女子ソフトボールチームのコーチとして雇われたアウトなレズビアンが出てくるが、レズビアンの温床とも言われる(笑)ソフトボールチームのコーチでさえ、コーチとしていられなくなってしまうというところで、大学全体に蔓延する同性愛差別の酷さが伺われる。
ナレーションはアウトな元オリンピック水泳選手のダイアナ・ナイアド。
同性愛差別というと得てしてゲイ男性に対する差別が取り上げられるが、ゲイの女性に対する差別も酷いんだよ、ということを再認識させる映画。一人でも多くの人に観てもらいたい。

Dr. Dee Mosbacherちなみに、natはこの映画の監督さん、ディー・モスバッカー(かな?)にとても興味があります。M.D.とPh.D.の肩書きを持つサンフランシスコ在住の精神科医。1949年、テキサス州のヒューストン生まれ。是非お近づきになりたいです。いや、あの、そうじゃなくて、お友達になりたいタイプのヒトのような雰囲気が漂っているので。同じく精神科医の女性と結婚されているそうです。映画監督としては1995年に“Straight from the Heart”というドキュメンタリーでアカデミー賞にノミネートされたこともあるそうな。天は二物も三物も与えるやん


nat's RATING: ★★★★

2009 U.S.A.


(注1)有色人種やゲイに対する憎悪からそういった人たちに危害を加える犯罪は、アメリカでは通常の暴行(死傷)事件よりも厳しく罰せられます。


FC2ブログランキングへ←がんばれ、アウト・アスリート!
スポンサーサイト

テーマ : ドキュメンタリー映画    ジャンル : 映画


Comments

ベスト9
nat様おめでとうございます!ベスト9ですね!文章内容良いですから、みんな見たくなりますよね!孤独のようで、孤独じゃない。壁のようで、壁じゃない。未来は明るいベスト9!nat様は凄いです!(あんたは応援団長かい?とツッコミ)
 
natさん、初めまして。
いつも楽しく拝見しています。
私は今アメリカで大学院に通っています。
おすすめのこの映画、ぜひ見てみたいと思います。
 
>シモーンファンさん
んんん?ベスト9って何かわかりませんが、ベスト1が好きです(笑)

>hanakoさん
いらっさいませ♪ おおっ、アメリカの大学院生さん!ナカマナカマ(←まだ学生のつもりらしい・・・をいっ)
映画、観たら感想書きに来てください、メンドウでなければ。
 

Leave a Comment



10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09

11


 
プロフィール

nat

Author:nat
アメリカ在住延べ17年のレズビアン。New YorkからTexasを経てCaliforniaに辿り着きました。世間ではカタイと思われる仕事をしてますが、自由度の高いところが気に入っています。花も恥らう四十路真っ只中。無口なくせにボケ&ツッコミを忘れない根っからの大阪人です。

*写真は実物と似ても似つかないことがありますので、ご注意ください。

natへのメールはこちらからどうぞ。

 
押すところ
一日一回押すとnatの後ろの人が喜びます。

    FC2ブログランキングへ

    人気ブログランキングへ

    にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

 
QRコード
QR
 
全記事(数)表示
    全タイトルを表示
 
 
カテゴリー
 
最近のコメント
 
 
がんばるところ
natに英検1級は無理そうです・・・
 
ブログ内検索
 
 
リンク


    Noh8-campaign-logo2

 
ミュージックなう
natが今聴いてる音楽たち。
うまく動作しない時は、ブラウザーをリフレッシュしてみてください。
 
呟くところ
どん底でこっそり呟きたい人用。
Twitterではありません。
 
カウンター
 

Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。