LESBIAN CINEMA PARADISE

カリフォルニアからレズビアンの映画情報を中心にお届けします。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ人気ブログランキングへ ←押すところ。2コ。ぷりーず。

真性レズビアン?


Category: LIFE AS LESBIAN   Tags: ---
新年明けましておめでとうございます

なんて言うのが嘘っぽく感じてしまうほど、全く“新しい年が明けた”という雰囲気のないカリフォルニアの2007年1月1日です。

2007年最初のエントリーはあたしのレズビアンというアイデンティティーについてです。

本来、あたしは既成のカテゴリーにハメられるのは好きじゃないんです。
だけど、このレズビアンというカテゴリーだけは自ら率先してハマりました
その理由は二つ。
一つ目は、そのカテゴリーの中なら自分が自分でいることができて、尚且つその中に自分と同じような人たちを見つけてつながりを感じることができたから。
二つ目は、そのカテゴリーを使うことで、女性同性愛者の存在を社会に認めさせること(visibilityを高めること)に貢献したいから。

だけど、プロフィールに“真性”レズビアンと書いたのは、同じレズビアンというカテゴリーにハマっている人たちの中にはちょっと違うんじゃないかなあ?と思う人たちがいるからなんです。
決して、自分が“正しい”レズビアンだと主張するつもりはないんです。うーん、でも、あたしには自分の中に、これが本当のレズビアンだ、という基準があるんだと思います。でも、その基準はあくまでもあたしだけの基準なんですが

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ人気ブログランキングへ ←押すところ。2コ。ぷりーず。

レズビアンであることをオープンにしていると、ストレート(ヘテロセクシュアルまたはノンケとも言う)の人たちから受ける反応でよくあるのは、「男を知らないからじゃないか」「過去にレイプされたり性的虐待を受けたことがあって、男がダメになったんじゃないか」です。
要するに、何か原因があって“普通”じゃなくなった、という考え方です。
自分をレズビアンだと言う人たちの中にはそういった原因を持ってレズビアンに“なった”という女性がたくさんいるのは事実です。
だけど、あたしはそうじゃないんです。
あたしは自分がレズビアンなんだと自覚するまでには男性とつきあったこともあるし、気持ちいいセックスの経験もあります(スミマセン直球で)。それから、男性の中にも尊敬する人はたくさんいます。だから“男を知らない”とは自分では思わないんです。
それから、過去に男性に酷い目に遭わされた経験もありません。
ただ、これについてはL Wordのシーズン2で、マークが隠し撮りをしていることを見つけたジェニーがマークに言ったことで気になったことがあるんです。
それはこんなやりとりでした。

ジェニー: アンタの妹さんたちに、初めてどこかの男か男の子かに侵された(これは必ずしも性的に犯されるということでなくて、もっと広い意味で自分の領域を侵されるということ)時のことを訊いてごらん。
マーク : オレの妹たちが侵されたことがあるってどうして思うんだ?
ジェニー: だって、侵されたことのない女の子や女性なんて世界に誰一人だっていないもの。比較的害のない程度の場合もあるし、時には酷い苦しみを味わうことだってあるわ。それなのに、アンタはそれがどういうことなのか全くわかっちゃいないのよ。

男に侵されたことのない女はいない。そうかもしれない、とコレを聞いて思いました。多くの女性にとってその経験は、些細なことで自分でも忘れてしまうようなことなんだろうなと思います。そういう意味ではあたしも男に侵されたことがない、とは言えません。だからといってそれをレズビアンの“原因”だと言ってしまえば、世界中の女性がレズビアンになってしまいます

あたしが自分のことをレズビアンだと自覚したのは10年くらい前のことです。
それまでは、レズビアンだとか同性愛だとかいう人の存在すら知らなかったんです。
アメリカに来て初めて、レズビアンの存在を身近に見たり聞いたりするようになったんです。
そして、自分に“レズビアン”という枠をはめてみたら、ものの見事にキレーに収まって、それまでの自分のことが全部腑に落ちた、という感じでした。
どうして自分は男性を好きにならないのか、どうして女性に感じるあのドキドキ感を男性に感じられないのか、ってずっと思ってましたから。
そうして考えてみると、自分はもう物心ついた時からレズビアンだったんだと、きっと生まれつきレズビアンなんだと思ったんです。

「それはまだ赤い糸で結ばれた男性に出会ってないからだ」という人もいます。
確かに、その可能性は無いとは言えません。99.9%ないと自分では思いますが、100%と言い切ることはできません。
でも、それは同性愛に対して嫌悪感の少ないストレートの人が、この先同性を好きになる可能性は100%ないと言い切れないのと同じだと思うんです。

それから、もう一つコレは違うと思うのは、女性が女性とセックスをする=レズビアン、だという認識。
レズビアンというのは、あたしにとってはアイデンティティーで、モノの考え方であったり、見方であったり、生活スタイルであったり、生き方であったり、なわけで、セックスはその一部にしか過ぎないんです。
だから、あたしは女性が女性とセックスをしたからといって、その人がレズビアンだとは限らないと思うんです。
あたしは、同性に憧れたり好きになったりすることって誰にでもあると思います。
だから、同性と性関係を持つことがあったって何の不思議もないんです。ただ、それを簡単にレズビアンだと言うのはカンベンして欲しい、というのが正直な気持ちです。

というわけで、オチなしの言いっ放しエントリーでした。
おそまつ

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 女性同士の恋愛。    ジャンル : 恋愛


Comments

こんにちは。
うーん、わかります。今日のエントリー。
深く頷いてしまいました。
特に最後の方のパラグラフ。
私も常々感じていたんだよね。
 
youさん、ようこそ♪
深く頷いてもらえましたか、よかったよかった。
いやもうこのあたりのこと語らせたら言いたい放題ですから(^_^;)
 
私も共感できます。natさんの考えに
生まれつきレズビアンなんでしょうね。
気が付けば、好きなのは同性。 いつも気になるのは同性ってね。
今はネットという場所があり、同性愛に対しての情報がいっぱいで
仲を見つけ 早くから自分を見つける事が出来る。 良い時代だわ(^-^)

人って同性と一緒にいる時間の方が長いから その中で興味、関係を
持ったとしても自然なような気がする。でも、それが興味だけで終わるのか
本気になるのか ってところでしょうね。
そこから自分を見つける事が出来るか否か
そして自分の人生の道が決まってくる。

興味で終わった人は 自分の事をレズビアンとは言わないでしょう。
たとえ、関係を持った事があったとしてもね。 
あっ、第三者は言うかも?(^_^;) 
面白がって、楽しんで、人の心を考えない人たち

ちょっとコメントしたくなっちゃので(笑)
 
tさん、コメントありがとうございます。
そうそう、ホント今はいい時代ですよね。
ネットでなくても街に同性愛の情報が溢れているもっといい時代が早く来ればいいなと思います。
確かに言われてみれば今の社会では同性と一緒にいる時間の方が長いですね。これも社会がそうするように仕向けているような気がします。女の子だからってお人形を与えられて女の子同士で遊ぶように仕組まれた社会じゃない社会って、おもしろそうだな。
 
類は友を呼ぶ って感じで
社会が同性同士遊ぶようにしむけなくてもなっていくような??(笑)

異性を意識するように社会がしむけているから
同性と一緒にいると楽しくって安心していれるのかもね(笑)
 
ん~、どうかな?
“性別”のない社会があるとすると、きっと外見も体つきもやることも好みも♂と♀に関係なくなってくるだろうし、♂か♀かなんてパンツ脱いで見ないとわからなくなるかもしれないし、パンツ脱いでモノがついててもついてなくても大した意味はないかもしれない。
そうなると“類”というのは、性別では決まってこなくなるし。
なので、あたしはやっぱり社会陰謀論で行きます(笑)
 
ああ 性別のないっていうのは そういう意味なんだ(笑)
そうね そういう事なら 私も(笑)

先日見た「シムーン」って アニメがあるんだけど(笑)
性別が最初から女しかなくって、16歳になったら性別を選ばないとダメって話しで
面白い設定だなぁ って思った
性別を選ぶ前に やっぱり 好きな人は出来ていてって感じで
性別で人を好きになるのではなく、その”人”を好きになるって事だと
私は思ってるから 結構共感できたかも この設定
 
なんかほとんどチャット状態ですが(笑)

その“人”を好きになる、っていうことについて実はもう書いてあるエントリーがあるんですが、それアップしたら総スカン食らって一気に来訪者が減るんじゃないかと思って怖くてアップできないでいるんです(^_^;)
もし、そのエントリー出しても、それはtさんのこのコメントを見てから書いたんじゃないですから、念のためm(__)m
 
うーん チャットね(笑) まぁ たまには面白いかも(笑)

その“人”を好きになる って言うのは 深く心の奥底を考えていると
そこにぶち当たるというか そういう事だと思っているから
誰でも考えている事だと思う(^-^)
だから 決して 私のコメントの後に書いたとか思わないので安心して(^-^)
楽しみにしてます(^-^)
 

Leave a Comment



07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

06

08


 
プロフィール

nat

Author:nat
アメリカ在住延べ17年のレズビアン。New YorkからTexasを経てCaliforniaに辿り着きました。世間ではカタイと思われる仕事をしてますが、自由度の高いところが気に入っています。花も恥らう四十路真っ只中。無口なくせにボケ&ツッコミを忘れない根っからの大阪人です。

*写真は実物と似ても似つかないことがありますので、ご注意ください。

natへのメールはこちらからどうぞ。

 
押すところ
一日一回押すとnatの後ろの人が喜びます。

    FC2ブログランキングへ

    人気ブログランキングへ

    にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

 
QRコード
QR
 
全記事(数)表示
    全タイトルを表示
 
 
カテゴリー
 
最近のコメント
 
 
がんばるところ
natに英検1級は無理そうです・・・
 
ブログ内検索
 
 
リンク


    Noh8-campaign-logo2

 
ミュージックなう
natが今聴いてる音楽たち。
うまく動作しない時は、ブラウザーをリフレッシュしてみてください。
 
呟くところ
どん底でこっそり呟きたい人用。
Twitterではありません。
 
カウンター
 

Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。