LESBIAN CINEMA PARADISE

カリフォルニアからレズビアンの映画情報を中心にお届けします。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ人気ブログランキングへ ←押すところ。2コ。ぷりーず。

まいった・・・


Category: OTHER   Tags: ---
職場の中ボスと戦争を始めてしまった。

そして、一緒に戦争をすると言ってくれていた、信じていた仲間に裏切られた。



初めから覚悟の上のこと。
次の仕事があるわけじゃないけど、辞める。

何とか生きていけますように。



今回のことで、ちょっと大袈裟だけど、この国でこれまでマイノリティー(特に黒人)が権力に立ち向かってきた、その意味が少しわかった気がする。
平等な社会からはまだほど遠いけど、それでもここまで来ることができたのは、グループのために自らの命をかけて権力に立ち向かってきた人たちがいるから。
生まれたときから色んな権利が与えられて守られている白人たちは、そんな風にして何かをかけて闘うことがないわけで、それがどういうことかわからないんだ・・・
だから、口ではマイノリティーをサポートするようなことを言ってても、イザとなったら白いお城に逃げ返ってしまう。黒人がよく「白人は信用できない」って言うのを耳にするけれど、それはこういうことだったんだ・・・


8/13-31までの運勢にこんな風に書いてあった。

難しい問題やちょとやっかいな出来事が起こりそうですが、自分さえしっかりしていれば乗り越えられます。心を強く持ち、集中して頑張りましょう。


「自分さえしっかりしていれば」かぁ・・・。
あたしは子供の頃から「お姉ちゃんなんだから」としっかりするように言われて育ったわけで、いつになったらしっかりしなくてもいい時がくるんだろ?



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ人気ブログランキングへ ←押すところ。2コ。ぷりーず。

スポンサーサイト

テーマ : 今日のつぶやき。    ジャンル : 日記

初恋-第十一章


Category: LIFE AS LESBIAN   Tags: ---
序章  第一章  第二章  第三章  第四章  第五章  第六章
第七章  第八章  第九章  第十章


日本に帰ったあたしは、昼間は何もかも始めての職場で仕事をしながら夜中と週末に修士論文を書くという、今思えばとんでもない無謀なことをやってのけ、大学院を何とか12月に卒業することができた。当然ながら卒業式には出なかったけれど。
しばらくして卒業証書が送られてきて、それを見て「ああ、卒業したんだな」とぼんやり思ったけれど、アメリカのことを振り返る余裕なんてなかった。

「逆カルチャーショック」という現象のことは知っていたけれど、そんなことよりあたしはとにかく「アメリカ帰り」とか「アメリカナイズされてる」とかって言われないように、職場ではとにかく頭を低くして目立たないようにしていた、つもりだった。
でも、自己主張をする、とか、自分の意見を言う、ということをアメリカで嫌というほど叩き込まれると、黙っているということがとても努力のいる行為だった。
それでも、本当に意識して貝のように口を閉ざして黙っていたつもりだったんだけど、何年も後になってその職場のボスから「○○さんはモノをはっきり言うからね」と言われて愕然とした。
あの努力はナンだったんだ・・・

そして、仕事と修士論文だけじゃなくて、あたしは日本に帰るや否や、日本のレズビアン・コミュニティーの情報も集め始めた。
何度も言うけど、インターネットがまだ一般には普及していなかったあの当時、自分でもどうやってそのテの情報を集めたのかよく覚えてないんだけど、レディース・コミックなんかを漁っているうちに、「フリーネ」というレズビアンの雑誌があることを知った。
その雑誌を近所の本屋で見つけてレジに持っていくとき、ものすごく緊張したのを覚えてる。
その雑誌だけ買うのは恥ずかしくて、欲しくもないのに他の雑誌も一緒に買った。

phryne.jpg


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ人気ブログランキングへ ←押すところ。2コ。ぷりーず。

 

テーマ : 女性同士の恋愛。    ジャンル : 恋愛

パリ その2


Category: OTHER   Tags: ---
もうすっかり旅行記のようになってきた、
レズビアン・シネマ・パラダイスです、
って言っておかないと、自分で何のブログだったか忘れてしまいそうなので


お~ しょんぜり~ぜ~、お~ しょんぜり~ぜ~
シャンゼリゼ、ってフランス人が言うと、しょんゼリゼに聴こえるのはnatだけ?

paris16.jpg

お~ ふぇら~り~(もういい?)
カフェに立ち寄ってフと見ると、泣く子も黙る(?)フェラーリが路上駐車されておりました。

paris17.jpg

そして、ここ、コンコルド広場でも巨大シャボン玉を作るおにいさん。
空の雲とこのオベリスク(って言うの?)がおもしろい感じで撮れました。

paris18.jpg

ここで弦楽四重奏かなんかがやってれば完璧だったのに(写真が)

paris19.jpg

そして、泣く子も黙る、ルーヴル美術館。
パリに行くたびに、ルーヴル、ルーヴル、と主張し続けるんですが、未だに望みは叶えられず、今回初めて外からのみの見学、となりました。
中学の美術の授業で、どの絵がどの画家の作品でどこの美術館に所蔵されてるか全部覚えないといけないってのがあって、「ルーヴル美術館蔵」「ルーヴル美術館蔵」ってさんざんつぶやいて覚えたので、それらの絵をこの目でルーヴルで観ないことには死んでも死にきれません。

paris20.jpg


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ人気ブログランキングへ ←押すところ。2コ。ぷりーず。

 

テーマ : 海外旅行    ジャンル : 旅行

パリ その1


Category: OTHER   Tags: ---
えっと、パリは別に観光目的で訪れたわけではなくて、仕事があったので、プライド・パレード見物以外は仕方なく居たんです。
でも、natはこれ二度目のパリ訪問なんですが、前回もほとんど観光らしい観光はしなかったので、せっかくだから一応メジャーな観光スポットを回ってみることにしました。

ただ、パリに憧れる人やパリにお住まいの方々から総スカンを食うこと覚悟で言うんですが、natはパリはどうしても好きになれません。natの知り合いに、その昔パリに住んでたというシンガポール人がいるんですが、その人曰く「死ぬ時はパリで死にたい」、のだそうですが、その気持ちがじぇんじぇんわかりません。


えっと、そんなパリでもナカナカ気に入ったのがこちら、モンマルトル。
モンマルトルと言えば、丘。
というわけで、メトロの駅を出たら、いきなりこんな階段です。

paris1.jpg

そして、モンマルトル、と言えば、芸術家の町。
ユトリロ、ロートレック、大好きなんですぅ
モンマルトル美術館はちゃんと中に入って観てきました。なかなかおもしろかったです。

paris2.jpg

パリでもこの辺りだったら住んでもいいかな(←高級住宅街、仏語、絶対無理)

paris3.jpg

そしてランチは観光客がわんさかいる広場にあるレストランに入って、フレンチといえばオニオン・スープ!
お味の方は、ん~、もうちょっと味が薄くてもよかったのに。
メインは当然、肉、でした。も~

paris4.jpg

デザートはこちら。
んまかったです

paris5.jpg

ちなみに、このレストランでうちの肉食人種は本当はフランス語が喋れるのに喋れないフリをして、英語でお店の人とやりとりしていたんですが、するとこんなフランス語の会話がお店の人たち同士で交わされているのが聞こえてきたそうです。

店員A:「あの(観光客)グループ、コーラのスモールをオーダーしたんだけど、ラージの値段でつけてやろうぜ」
店員B:「ああ、もしあいつ等が気がついたらその時訂正すればいいさ」

よっぽどそのグループの人たちに教えてあげようかと思いましたが、肉食人種に止められて諦めました。
これが、パリでの観光客の悲しいサガです。
だから好きじゃないんです、パリ。人が観光客を粗末に扱いすぎ、食い物にしすぎ。


コレは、そのレストランの近所にあった別のレストランです。
カラフルなテーブルと椅子がかわいかったので。

paris6.jpg

モンマルトルの丘を降りるには、こういう階段を下っていかねばなりません。
この階段のすぐ左隣には、ミニ・ロープウェーがあるので、それで登ったり降りたりすることもできるようです。

paris7.jpg

メトロの駅前のメリーゴーランド。
アメリカのモールによくあるメリーゴーランドとは一味違います。
こっちの方が楽しそう。

paris8.jpg

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ人気ブログランキングへ ←押すところ。2コ。ぷりーず。

 

テーマ : 海外旅行    ジャンル : 旅行

オランダ その3


Category: OTHER   Tags: ---
オランダらしい風景でしょー?
アムステルダムと言えばコレ、カナル・ツアー。ボートに乗って運河を巡るツアーです。運河から見るアムステルダムはまた格別。夏でなかったら夕暮れのツアーもしたかったです。夏は日が暮れるのが遅すぎるんだもん。

19.jpg


許可をもらえば、ボートを住居としてそこに住めるようです。なので、ボートというより、家、のようなボートがいっぱいあります。屋根がリビングルーム仕様になっててソファーが置いてあったり。

37.jpg


アムステルダムで唯一の水上アニマル・シェルターだそうです。

38.jpg


ほら、水上警察まで何でこんなにフォトジェニックなの?

39.jpg


アン・フランクの家。えっと、「アンネの日記」のアンネ・フランクの家族がナチスの迫害から逃れるために隠れ家として使っていたところ、だそうです。この建物全部が隠れ家だったわけじゃなくて、この建物の後ろにある屋根裏のようなところを改装して二家族がひっそりと暮らしていたそうな。中に入るには行列があったので入りませんでした。

40.jpg


セントラル・ステーション前の自転車置き場!ニッポンジンにはとても馴染みのある光景です(笑)

20.jpg


もももももももももも。
ただそれだけのための一枚。アジアン・フュージョンなレストランだそうです。

21.jpg


路上チェスの真っ最中。
ニッポンでも道端で将棋してるおぢさんたちってたまに見るけど、こういうでっかい将棋版と駒を道端に作ったらおもしろいだろーに。

22.jpg


オランダ=ちゅーりっぷ を思い浮かべた人のための一枚。
コレ全部造花でした ちゅーりっぷのシーズン終わった後だったし。

23.jpg


マッシュルームのお店。
って、このマッシュルームは、所謂ドラッグのマッシュルームです
でも、オランダでは2008年12月からマジック・マッシュルームの販売は禁止されているそうです。
中に入って見てみたんですが、どういうお店なのかあまりよくわかりませんでした。

24.jpg

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ人気ブログランキングへ ←押すところ。2コ。ぷりーず。

 

テーマ : 海外旅行    ジャンル : 旅行

オランダ その2


Category: OTHER   Tags: ---
アムステルダムの観光名所の大御所がここ、国立美術館(Rijksmuseum)。
ご覧の通り、大工事中。でも、中はちゃんとオープンしていました。レンブラントの作品などが観られるようですが、あのテの絵にはあまり興味がないのでパスしました。近所のヴァンゴッホ・ミュージアムには行きました。そちらはよかったです。

36.jpg


ほうら、いきなりフォトジェニックさ満開のアムステルダムの建物たち。何でこんなにかわいく造れるんだろう?

43.jpg


写真では小さくてよくわからないかもしれないんですが、このボート、レインボーフラッグがはためいていました。Kapitein Rob Bed & Breakfast と書いてあります。こういうベッド&ブレックファーストに泊まるのもいいかも。レインボーフラッグはお仲間のしるし♪ でも、ひょっとしたら♂専用かも?

44.jpg


この橋の上に立って写真を撮ってもらった観光客はあたしです。その写真は恥ずかしすぎてココには載せられません

45.jpg


ランチはたまたま目の前にあった「ワガママ」というイギリスが発祥のアジア料理チェーンに入りました。Wagamamaでググるとウェブサイトが出てきます。アメリカにも数件あるようですが、全然知りませんでした。店内は非常にchicで垢抜けています。はっきり言ってオシャレです。
ちなみに、これ、チャーハンです。お味噌汁とお漬物がついてきました。チャーハンはボウルに入って出てきました 味は、まあ、こんなもんかな、という感じで食べられないわけではありませんでした。アメリカのチャイニーズ・レストランでフライド・ライスを注文するとよくこんな味に出くわします。
で、ラーメン好きの肉食人種には無理やりラーメンをオーダーさせたんですが、これがもう、ラーメンの片隅にもおけない代物でした。向かいで黙って食べてるから大丈夫なのかと思ったら、あたしが食べきれなかったチャーハンの残りを差し出した途端に、一目散にチャーハンに食らい付いて、カワイソウでした。
麺はパスタではなかったんですが、ラーメンの麺としての風味もコシも全くなし。スープは、この世のモノとは思われない味で、西洋ハーブがイロイロ入っていたような感じでした。(←料理の分析はコレが限界


8.jpg


公園で出くわしたおもしろい光景。このもうちょっと右手には小さな池があるんですが、そこからこのデカイ鳥(鷺?)が上がってきて、このおばあさんの後をソローリ、ソローリ、抜き足、差し足、で付いて行ってるところです。何かエサがもらえるとでも思ったんでしょうか?(笑)

46.jpg



10.jpgI amsterdam を反対側から撮ってみました。
この写真を撮ったのはもう夜の10時近くだったと思います。ほら、お月さんも出てるし。この辺りは夏になると10時近くまで外が明るいんです。そういえば、欧州のもっと上の方は夏は白夜になるんだった。ついつい遊びすぎてしまいそうです。



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ人気ブログランキングへ ←押すところ。2コ。ぷりーず。

 

テーマ : 海外旅行    ジャンル : 旅行

お盆と言えば


Category: OTHER   Tags: ---
ニッポンはお盆ですね。

ウチは先祖代々のお墓がえらい田舎にあって、子どもの頃は、お盆やらお彼岸やらの度に「墓参りに行くぞ!」の掛け声と共に車や電車で遠路はるばる無理やり連れて行かれて、本当に嫌な行事の一つでした。

あああっ!!!

コレ書いてて今思い出したけど、この前ちょこっと日本に帰った時にお墓参り行かへんかった!!!
うわっ、うわぁぁぁ(←思いっきりうろたえ中)
ご先祖さま、ごめんなさい
ひょえ~~~。バチ当たるぅぅぅ
てか、もう当たってるのかも。それでぼーこーえんになったりイキナリ寝込んだりしてるのかも
ご、ごめんなさいいいい


いや、こう見えて(?)割りと信心深いんです。特にご先祖さま系には。

えっと、それで話は戻って、子どもの頃は苦痛なだけのお墓参り行事だったんですが、年を取るに連れてだんだんとその意味がわかるようになって、こういうことの大切さを無理やりにでもちゃんと教えておいてくれた親に感謝してるんです。

ニッポンを離れてから、特にそれは思うようになりました。



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ人気ブログランキングへ ←押すところ。2コ。ぷりーず。

 

テーマ : つぶやき    ジャンル : ブログ

オランダ その1


Category: OTHER   Tags: ---
まずは、簡単な質問から。

オランダと訊いて真っ先に浮かんだのは次のどれ?

① サッカー
② チューリップ
③ ゲイ・フレンドリー
④ 大麻
⑤ 売春






①と応えたアナタ。これはまあ、時期が時期なのでしょうがないでしょう。先日の南アフリカでのW杯では決勝戦でスペインに惜しくも敗れましたね。
②と応えたアナタは、夢見る乙女・乙男。チューリップに風車、何て長閑な風景なんでしょう。そのまま清く正しく生きてください。
③と応えたアナタ、アナタこそLCP読者の鑑です!おまけに、オランダは世界で一番初めに同性婚を認めた国、なんて言えた方は、LCP名誉読者の称号を差し上げますので、コメントで自己申告してください。
④と応えたアナタ、人間止めないでください・・・ オランダは大麻が合法な国としても有名です。
⑤と応えたアナタには何も申し上げることはありません。人生イロイロ・・・ オランダは売春も合法です。



というわけで、先日の「ゲイゲイしい旅 2010夏」はパリのプライド・パレードを観ただけではありませんでした。パリから電車で3時間、オランダの首都、アムステルダムに行ってきたので、そのレポートです。



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ人気ブログランキングへ ←押すところ。2コ。ぷりーず。

 

テーマ : 海外旅行    ジャンル : 旅行

カリフォルニア同性婚禁止(Prop 8)は違憲!


Category: SAME-SEX MARRIAGE   Tags: ---
カリフォルニア同性婚 連邦裁判所へ」という記事で書いたとおり、2008年に同性婚を禁止することを決めたカリフォルニアの住民投票が合法かどうか、という裁判が合衆国連邦裁判所の地裁で行われていたんですが、その判事(Vaughn Walker)が今日(4日)判決を下しました。

Proposition 8 は違憲!


これで、裁判は控訴裁に持ち込まれることになります。

この判決の詳しい内容を後でREAD MOREのところにnatのほんやくコンニャクつきでお届けしようと思いますが、とりあえずは速報!(違)ということで。

ちなみに、この裁判は二組のゲイ&レズビアンカップルが州政府を相手に裁判を起こしていたんですが、肝心の被告側の州政府は知事のアーノルド・シュワルツネッガーさんも、検事総長のジェリー・ブラウンさんも、この差別的な法令を擁護しない立場を取っていて、Andrew Pugno率いる反LGBTのグループだけがこの法令の弁護に回っていたということです。

あれ、この判事、連邦地裁の判事としては元大統領のジョージ・ブッシュに任命された人なので、そっち側(反LGBT側)の判断をするんじゃないかと危惧されていたんですが、今調べてみたら、ゲイであることをオープンにしている二人の連邦裁判官のうちの一人だって言うじゃないですか!?

いやま、LGBTなのに反LGBTの法案をサポートする政治家がいっぱいいるくらいですから、一概には言えませんね。

それでは、これからがんばってほんやくコンニャクに取り組みます。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ人気ブログランキングへ ←押すところ。2コ。ぷりーず。

 

テーマ : 同性愛(ゲイ・レズビアン)ニュース    ジャンル : ニュース

初恋-第十章


Category: LIFE AS LESBIAN   Tags: ---
ひと月の間に地球を反対向きに移動したら、時差ボケはちょうどいい感じになるんじゃないか、と思ったら大間違い。
時差ぼけに時差ぼけを重ね、もうすっかりココは何処?アタシは誰?の不思議世界に到達してしまいました

そんなnatが飛行機の中で書いた初恋シリーズ第十章をお届けします。



序章  第一章  第二章  第三章  第四章  第五章  第六章
第七章  第八章  第九章



あのコと一緒にドレスを買いに行ってからは、またいつもの日常に戻っていた。
あたしの方からあのコにパーティーのことを訊くこともなかったし、あのコから話すこともなかった。
北国のその街は短い秋を惜しみつつ、冬に向けて急速に準備を進めていた。
あたしの修士論文は相変わらず遅々として進まなかった。

late fall

そんなあたしの元にある日一通の手紙が届いた。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ人気ブログランキングへ ←押すところ。2コ。ぷりーず。

 

テーマ : 女性同士の恋愛。    ジャンル : 恋愛

08 2010
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

07

09


 
プロフィール

nat

Author:nat
アメリカ在住延べ17年のレズビアン。New YorkからTexasを経てCaliforniaに辿り着きました。世間ではカタイと思われる仕事をしてますが、自由度の高いところが気に入っています。花も恥らう四十路真っ只中。無口なくせにボケ&ツッコミを忘れない根っからの大阪人です。

*写真は実物と似ても似つかないことがありますので、ご注意ください。

natへのメールはこちらからどうぞ。

 
押すところ
一日一回押すとnatの後ろの人が喜びます。

    FC2ブログランキングへ

    人気ブログランキングへ

    にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

 
QRコード
QR
 
全記事(数)表示
    全タイトルを表示
 
 
カテゴリー
 
最近のコメント
 
 
がんばるところ
natに英検1級は無理そうです・・・
 
ブログ内検索
 
 
リンク


    Noh8-campaign-logo2

 
ミュージックなう
natが今聴いてる音楽たち。
うまく動作しない時は、ブラウザーをリフレッシュしてみてください。
 
呟くところ
どん底でこっそり呟きたい人用。
Twitterではありません。
 
カウンター
 

Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。